携帯型食道ペースメーカ 2007JP

医療機器製造・販売の大正医科器械 TOP >> 医療機器 >> 携帯型食道ペースメーカ2007JP

携帯型食道ペースメーカ2007JP

2007jp
カタログダウンロード

特長

  • 小型・軽量・シンプル操作の携帯型食道ペースメーカ
  • ラピッドペーシング、バーストペーシングにより、頻拍停止治療やオーバードライブサプレッションテストが行えます。
  • 不用意なペーシング出力の発生を防ぐ為、電源スイッチはOFF, ON, PACEに分けPACE位置でペーシングをスタートさせます。
  • 広範囲なペーシングパラメータを設定できます。
  • 付属ケーブルに2 mm ピンコネクタを備えていますので、外部機器(カーディック・スティムレータ等)が接続でき、ペーシング出力に同期して経食道ペーシングを行います。
項目 仕様
分類 内部電源機器CF形
刺激モード 内部固定レート及び、外部刺激モード電流制御方式
パルス波形 矩形波
設定可能なパルスレート 30 ( 保証できる最小 ) ~ 1000 ppm( 絶対上限 ) 連続可変
設定可能なパルス振幅 1~40 mA(連続可変)
設定可能なパルス幅 1, 2, 3, 5, 10, 15, 20 msec
パルスレート精度 ±5 %
パルス幅精度 ±10 %
パルス振幅精度 2 mA 以下、又は15 %以下
入力信号 外部同期信号
出力刺激信号端子 黒、及び赤色ジャック(メス)
データ表示部 液晶表示パネル
表示内容 パルスレート、低バッテリー状態の表示
標準設定 パルス振幅 = 15 mA
パルス幅 = 10 msec
パルスレート= 90 ppm
電池寿命(標準)
電源スイッチ OFF ON  PACE の切り替え
電源投入時の表示 液晶パネルでの表示開始
除細動器に対する保護 保護あり
電源 9Vアルカリ電池 1個
低バッテリー状態の表示 赤色パイロットランプの点灯
および液晶パネルでの"LO BAT"表示
本体寸法 176 × 83 × 45、320g(電池込)
大正医科器械について 資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら FAXでのお問い合わせはこちら

インターネットお問い合わせフォーム

推奨環境