一般

  • 個々の製品HPに記載があります。

  • テスター・シミュレータに関しては、医療機器ではありませんので、JANコード、
    保険医療材料請求分類、クラス分類等はありません。

  • 医療材料で在庫があり16時までに注文書を受領した場合は、注文当日の発送が可能です。
    フルークバイオメディカル社製品の納期は担当者にお問合せください。

  • 注文フォーマットはどのような形式でもかまいません。
    注文フォーマットの例として次のフォーマットを用意しております。
    ダウンロードはこちら

校正

  • 校正ページに記載されています。(校正証明書のサンプル、データシートのサンプル)
    こちらからご確認ください。

  • 校正ページに記載されています。(校正周期はお客様で設定して頂くのが適切です。)
    こちらからご確認ください。

  • 校正ページに記載されています。
    こちらからご確認ください。

  • 問い合わせ入力で校正依頼を行ってください。
    お問い合わせはこちらから

  • テスタで測定した数値が正しく測れているか分からなくなります。詳しくは校正ページをご確認下さい。
    お問い合わせはこちらから

ポンプテスタ

  • 洗浄で改善する場合があります。

  • どちらも測定可能です。

  • 使用可能です。

  • 推奨の洗浄周期は設定しておりません。最低、一ヶ月に一度は洗浄をおねがいします。
    測定エラーや測定値ずれが発生しない程度で洗浄してください。

除細動器テスタ

  • ACアダプタを接続し電源ボタンを強めに長押しし、再度押すと電源が入るようになることがあります。

  • 交換できません。

  • 対応しています。

電気安全解析装置

  • ESA620は25 Aまたは200 mA、ESA612とESA615は 200 mA、601ProXLは25 A、10 A、1 Aになります。

  • 測定可能です。ESA620と601ProXLは10極測定でき、ESA612とESA615は5極測定できます。
    (ESA612とESA615はオプションのECGアダプタボックスを使用した場合は10極測定できます。)

  • ESA620のみオプションのケルビンケーブルを使用した場合測定できます。

  • ESA612、ESA615、ESA620はソフトがあります。ESA609と601ProXLにソフトはありません。
    ソフトでは、測定用テンプレートや自動測定プログラムの作成、測定結果のPDFデータ保管ができます。

  • 性能に関しては同等ですが、ESA615は本体のみでの自動測定が可能です。
    SDカードに作成したテンプレートの保存や測定データの保存ができます。

ガスフローアナライザー

  • 酸素セルの精度と交換間隔が違います。VT650は1年に1回、VT900Aは2年に1回です。
    VT900Aのみ麻酔ガス測定のVAPORを接続できます。
    VT900Aは超低圧、超低流量のポートがあります。

  • メインポートの片方を付属のキャップで閉塞させてゼロ化します。

  • 可能です。 レンジによってポートを使い分けて下さい。

  • 弊社サービスセンターで対応します。ユーザーでの交換はお勧めしません。

  • セボフルラン、イソフルラン、デスフルラン、エンフルラン、ハロタンの5種類です。

  • テスタのメニューから酸素の校正を選択し、テスタの表示に従い酸素100%と酸素20.9%の2点校正を行って下さい。

  • 24時間に1回を推奨します。

バイタルサインシュミレーター

  • 測定できません。加圧中の数値は目視確認が可能です。

  • トランスデューサー感度設定を40 µV/V/mmHgではなく5 µV/V/mmHgに変更してください。

  • 被測定機器側のテスト開始操作を行って下さい。ProSim 4から加圧は行いません。

ペースメーカテスタ

  • スリープモードが作動している可能性があります。ESCボタンを押してみてください。

  • 基本的には、どのメーカの体外式ペースメーカもSigmaPace 1000を使用して点検できます。

  • 出力の読み取りポイントが、体外式ペースメーカの出力時のポイントと違うため、低く表示されることがあります。
    また、電圧降下の影響で低く表示されてしまいます。詳しくはお問い合わせください。
    お問い合わせはこちらから

  • ACアダプタを使用して測定をすると電源元よりノイズ混入し測定に影響を及ぼすことがあります。
    SigmaPace 1000はバッテリー駆動が可能ですので、充電してからACアダプターを抜いて使用してください。

電気メステスタ

  • 出力測定、高周波漏れ電流測定、対極板のアラームの点検が可能です。(一部の機種を除きます)

  • 周波数帯域が1 MHz以下の電気メスが対象となります。

  • 電気メスを破損する可能性があります。マニュアルを必ず参照してください。

  • 電気メス側を破損する可能性あります。マニュアルを必ず参照してください。

  • テスタと併せて手動テストや目視点検などを組み合わせて点検プログラムを作成することで自動測定が可能となり測定結果の保存ができます。
    また、PDFファイル形式での測定結果の作成・保存ができます。